FC2ブログ

ジェネリックグリベック(Veenat)100mg

【犬猫兼用】皮膚のケア
05 /01 2019

ジェネリックグリベック(Veenat)100mg



ジェネリックグリベックは、有効成分のイマチニブを含有する抗悪性腫瘍薬です。犬・猫における肥満細胞腫の治療に用います。

ジェネリックグリベックは、各がん細胞が持っている特定の分子(変異遺伝子、変異たんぱく質)のみに、直接働いてがん細胞が増えるのを抑える分子標的薬です。

ジェネリックグリベックに含有されている有効成分のイマチニブは、肥満細胞腫の増殖に関係する特定のたんぱく(KITチロシンキナーゼ)の働きを特異的に阻害することで、肥満細胞腫の増殖を抑えます。分子標的薬であるイマチニブは、副作用が比較的少ないのが特徴です。

ジェネリックグリベック(Veenat)100mg



ジェネリックグリベック(Veenat)400mg



ビーナット(Veenat)は、ノバルティスファーマ株式会社のグリベック(グリーベック)のジェネリックです。主成分のImatinib(イマチニブ)は、人間の抗がん薬として慢性骨髄性白血病、消化管間質腫瘍などに使用されています。

本来は人間用医薬品ですが、動物医薬品として使用される場合があります。使用に際しては獣医師の処方と指導が必要です。

動物用としては犬・猫に多くみられる肥満細胞腫の治療に使用されます。

肥満細胞腫とは、皮膚(真皮)の血管や筋肉の周辺、内臓の周辺を始め、体のあらゆる組織に散在している存在する肥満細胞が、腫瘍性に増殖した病気のことで悪性のものが多い腫瘍。犬に多くみられる皮膚腫瘍の中で一番多いのがこの肥満細胞腫で、猫の場合は2番目に多いとされ、犬と比べて内臓に発生する割合が多くなります。

従来の抗がん剤と違い、がんの原因分子に選択的に作用する分子標的薬のため副作用が少ないとされています。

ジェネリックグリベック(Veenat)400mg

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

kn1955